キムタクこと木村拓哉の伝説は数限りなくあるのですが、今回はドラマにまつわる、
裏エピソードをご紹介。

 

数多い木村拓哉の名作ドラマの中でも、隠れ最高傑作と呼ばれるのが「ギフト」です。

 

97年4月16日~6月25日まで放送。全11話。フジテレビ。

この「ギフト」がドラマとして優れているのですが、まだDVD化されていません。

 

DVD化されない裏には、やはりあの事件がからんでいるんでしょうか。

ドラマ放送当時、18歳の少年がナイフで警官を襲う事件が発生。

 

少年は、「ギフト」に出演中の木村拓哉がバタフライナイフを巧みに操るのを見て、ナイフを手にしたと供述したことから騒動に。

 

暴力や刃物の悪用など、少年犯罪の助長につながるとして、社会問題にまで発展しました。

 

その影響もあってか、この作品はいまだに再放送されていません。

 

しかし、このドラマ中で、木村拓哉自身に落ち度があったわけではありません。むしろ、彼の好演は、今も伝説として語り継がれるほど評価が高いのです。

 

平均視聴率は18.2%とキムタクとしては振るいませんでしたが、裏番組に「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」があったことを考えれば、この数字は立派ですよね。

 

そう思い返すと、余計にDVDで見てみたい気がしてきます。

 

もう一つのドラマは「プライド」。04年1月12日~3月22日まで放送。全11話。フジテレビ。

 

このドラマでは木村はアイスホッケーの選手を熱演。

 

最高視聴率は28.8%を記録しました。

 

しかし、このドラマでは思いがけないハプニングが起きてしまったのです。

 

スケートリンクでの撮影中、キムタクが客席に打ち込まれたパックがエキストラの女性の顔を直撃。女性は唇を切り、前歯を折る大けがに。

 

まあ、その後、キムタクが謝罪した謝罪しないで、問題にもなったわけですが……。

 

その事件とは別に、脚本が野島伸司、木村拓哉の相手役が竹内結子といのも興味深いですね。これまた見直して見る価値ありです。

 

最後に「歴代高視聴率ドラマBEST10」をご紹介。キムタク主演ドラマのベスト10ではないですよ。 全連ドラのベスト10です。

 

1)HERO 34.3%
2)ビューティフルライフ 32.3%
3)ラブジェネレーション 30.8%
4)GOOD LUCK!! 30.6%
5)男女7人秋物語 30.0%
6)赤い絆 29.5%
7)ロングバケーション 29.5%
8)GTO 28.5%
9)ひとつ屋根の下 28.2%
10)熱中時代(part2) 27.0%
10)あすなろ白書 27.0%

10)ひとつ屋根の下2 27.0%

 

赤い太字がキムタク作品です。 これを見ただけでも、木村拓哉の出演ドラマが伝説化されているのも、思わず納得してしまいます。

 

平均視聴率30%超えドラマ5作のうち、4作が木村拓哉が主演。ベスト10に6作がランクインするという凄まじさです。

 

ちなみに、「華麗なる一族」は23.9%でした。ドラマ視聴率が全体に下がっている時代ですから、この「華麗なる一族」も伝説と言っていいでしょう。

 

こう見てくると、キムタクは最近ではメディアで叩かれ役っぽくなっていますが、要するに実績が凄過ぎるからではないでしょうか(ネタ元:ブレイクマックスなど)。