芸能界の第一線で活躍するアイドルや女優にも、消し去りたい過去があるものだ。

 

今回は、そうした、かなり恥ずかしい過去を特集してみることにした。

 

題して、芸能人アイドルの「消し去りたい過去」特集、その1。

 

99~00年 安西ひろこ 2度目の成人式

 

グラビアアイドルから、ギャルたちのカリスマまで上り詰めたことがある安西ひろ子

 

芸能界から一度は引退したが、復活して話題となった。そんな安西にも消した過去がある。

 

00年に晴れ着姿で成人式い出席しあ安西が報じられたが、実は、99年に成人となっており、この年は地元の友人たちと成人式に出席していたのだ。

 

つまり、2度も成人式に出席したことがばれて、年齢詐称が発覚してしまった。

 

まだまだ、続きますよ。あの人も登場……

 

93年 安室奈美恵 森口博子のバックダンサー

 

カリスマシンガーとして、今もなお根強いファンも持つ安室奈美恵

 

そんな安室にも意外な過去がー。

 

93年の紅白歌合戦のこと。

 

安室は何と、森口博子のバックダンサーをつとめていたというから驚きだ。

 

その4年後に、安室は、紅白のトリで「CAN YOU CELEBRATE?」を熱唱している。

 

97年 釈由美子 お下劣番組に出演

 

息の長い芸能活動を続けている釈由美子にも、とんでもない過去があった。

 

それは97年のこと。

 

催眠術をかけられたB級アイドルたちが、太鼓が木魚の音に合わせて悶えるという、出演していた。

 

それは「A女E女」という番組で、その低俗ぶりで今も語り継がれている恥ずかしい番組なのだ。

 

03年 沢尻エリカ お笑いユニットに所属

 

なんだかんだ言われても話題になる沢尻エリカ

 

そんな沢尻にも、笑えない過去がある。

 

何と、お笑いユニット「あみ→ご」を結成していた。

 

03年のこと。雑誌「BOMB」誌上で、福愛美とともにお笑いキャラ芸を披露。

 

そのネタは「(両手で胸を押さえ)今日、てぶらできちゃった」という福愛美に、沢尻が「そっちの手ブラかい!」という可愛いものだった。

 

まだまだあるのだが、続きは別の機会に(情報元:EX大衆)